キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとカードローンも、両方ともお金が必要な時にすぐに利用することが出来る便利なサービスです。急な出費が多い時や、手持ちのお金が少ない時にとても頼りになります。キャッシングとカードローンの主な違いは、返済方法です。キャッシングの返済方法は基本的には一括支払いですが、カードローンは分割支払いが基本となります。一括の場合は、利息も含めまとまった金額を一度に返済しなければなりません。一括返済の場合は、家計への負担が大きい一方、短い返済期間により利息を少なくすることが出来ます。分割払いの場合は、月に少額を返済することで、家計への負担を軽くすることが出来ます。ただし、少額ずつの支払いになる為、完済までに時間がかかることがあります。月々の負担は軽いものの、長期の返済になってしまい、支払う利息が大きくなることがあります。総額を見ると、一括支払いの方が金額が少なくなることもあるのです。もしも、一括で支払うのが難しいような、大きな金額を借りた場合は分割払いにし、すぐに一括で返済できるのであれば一括支払いを選択する、というように自分に合った方法を選ぶ方が良いでしょう。
その他の違いは特に無く、キャッシングもカードローンも借りる前に審査が必ずあり、金融機関の窓口やATMで必要な金額を引き出す事が出来ます。キャッシュディスペンサーといって、現金の支払いのみが出来る機械を使う事も出来ます。キャッシュディスペンサーはATMと違って預け入れは出来ません。